自民税調 ビール系飲料の酒税の一本化が焦点

2016.09.05 16:08NHKニュース

このニュースのキーワード

酒税

酒税(しゅぜい)は、酒税法(昭和28年2月28日法律第6号)に基づき、酒類に対して課される国税である。消費税と同様に、間接税、流通税に分類されるものである。同法の酒類とは、アルコール分1%以上の飲料とされ、薄めてアルコール分1%以上の飲料とすることができるもの(酢やエタノール製剤用のアルコールは除かれる)、または、溶解してアルコール分1%以上の飲料とすることができる粉末状のものを含むもの、とされる。

税制調査会

税制調査会(ぜいせいちょうさかい)税制調査会は、日本の内閣府の審議会等の一つ。内閣総理大臣の諮問に応じて、租税に関する制度を調査審議する(内閣府本府組織令31条、33条。税制調査会令(「税制調査会の設置について(2009年9月29日閣議決定)」))。政党の税調と区分するため政府税調ともよばれる。→詳細は政府税制調査会を参照。税制調査会は、日本の自由民主党における審議機関の一つ。自民税調ともいう。→詳細は自由民主党税制調査会を参照。税制調査会は、日本の民主党の政策調査会に設置された審議機関の一つ。税制調査会は、1の政府税調及び2の自民税調の総称。

麦芽

麦芽(ばくが、英語:malt)とは、麦、特に大麦の種子を発芽させたもので、ビール、ウイスキー、水飴の原料となる。

税率

税率(ぜいりつ)とは、税額を算定するに当たり課税標準に対する割合をさす。

ビール

ビール( 独: Bier,英: beer)は、アルコール飲料の一種。主に大麦を発芽させた麦芽(デンプンが酵素(アミラーゼ)で糖化している)を、ビール酵母でアルコール発酵させて作る製法が一般的である。現在は炭酸の清涼感とホップの苦みを特徴とするラガー、特にピルスナーが主流となっているが、ラガーはビールの歴史の中では比較的新参であり、ラガー以外にもエールなどのさまざまな種類のビールが世界で飲まれている。日本語の漢字では麦酒(ばくしゅ)と表記される。

みんなのコメント

(現在0文字です。10〜200文字投稿できます)

このニュースへのコメント 0

まだコメントはありません。